*

既製品名入れ印刷カレンダーの制作事例1

  1. カレンダー工房TOP
  2. オリジナルカレンダー制作過程見本

オリジナルカレンダー制作過程見本

食糧学院様A6金具リング卓上カレンダーのケース

1.表紙を作る

手書き、またはレイアウト見本を用意

まずは表紙のイメージをラフな手書き原稿として作成し、次に必要な素材(画像)を用意します。


2.暦を弊社のひな形からアレンジする

素材を用意

弊社のひな形を使用して、背景の色を変えたり模様をつけたりも可能です。また暦の字体や大きさも自由に変更することができます。


3.その他いろいろ対応できます

素材をレイアウトします

データとは別に加工オプションを自由に指定したり、仕様の変更や紙質などもご自由に選ぶことが可能です。より自由でオリジナルなカレンダーを作成することができます。


4.名入れ(台紙)部分

入稿データの完成

常に露呈する台紙の部分に社名やロゴなどを配置します。


園山勝治様A4リング製本タイプ壁掛カレンダーのケース

1.レイアウト見本+素材を用意する

手書き、またはレイアウト見本を用意

暦は弊社のひな形をそのまま利用し、上半分にオリジナルの写真を月ごとに配置します。そのために12枚、月別の素材を用意します。その際はカレンダーの大きさに見合った解像度の高い画像を用意します。


2.暦を弊社ひな形よりアレンジする

素材を用意

暦の部分はそのまま使うこともできますが、お客様の好みの書体や配色、文字の大きさ等自由にカスタマイズすることが可能です。


3.表紙を作る

素材をレイアウトします

まずは表紙のイメージをラフな手書き原稿として作成し、次に必要な素材(画像)を用意します。


日本競輪選手権徳島支部様年表タイプカレンダーのケース

1.レイアウト見本+素材を用意する

手書き、またはレイアウト見本を用意

まずは表紙のイメージをラフな手書き原稿として作成し、次に必要な素材(画像)を用意します。


2.暦を弊社のひな形からアレンジする

素材を用意

暦は弊社のひな形をそのまま利用し、背景にオリジナルの画像をレイアウトして自由にデザインします。

オリジナルカレンダーの制作事例

既成品名入れ印刷カレンダーの制作事例

オリジナルカレンダーの制作過程見本

  • ご注文〜制作の流れ
  • データ関連ガイド
  • お支払い・納期・送料
  • 書体・色・レイアウト見本
  • よくあるご質問
  • ひな型ダウンロード
お見積もり・サンプル請求・お問い合せはこちら

国産のし付きご挨拶用タオルはこちら
ページトップに戻る
*
トップへ